■サイトナビゲーション


診療科・各部署のご紹介

診療部|病理診断科:医療記事

病理診断科の業務

部長 佐野 暢哉

患者さま個々に直接お会いすることはほとんど無いため、なじみの少ない診療科ですが、臓器、組織、細胞の肉眼、顕微鏡形態を観察して、病気、病態の診断を行っています。具体的には以下のような業務内容です。


1) 病理組織診断

患者さまから摘出、採取された臓器、組織を肉眼的、顕微鏡的に観察して、病変の良悪、原因を調べます。消化管、呼吸器内視鏡、針生検などで採取された、組織片の顕微鏡診断、手術で採取された組織の肉眼的、顕微鏡的診断などがこれにあたります。これにより、病変の良悪、悪性病変であれば、組織型、悪性の度合い、病気の進行度を決定し、治療方針の決定に役立てます。


明石医療センター病理診断科、気管支生検・肺癌
気管支生検・肺癌

明石医療センター病理診断科、胃癌手術
胃癌手術


2) 細胞診断

臓器から各種の方法で採取された細胞や、体液中に含まれる細胞を顕微鏡的に観察することにより、病変の有無、病変の良悪、感染因子の同定などを行います。乳腺を細い針で穿刺したり、気管支鏡から小さなブラシを用いて病変部をこすり取ったり、子宮頚部を綿棒でこすり取ったりして細胞を採取し、顕微鏡的に観察します。


明石医療センター病理診断科、乳腺穿刺吸引細胞診・乳癌
乳腺穿刺吸引細胞診・乳癌


3) 術中迅速診断

手術中に短時間のうちに病理組織診断、細胞診断を行い、切除範囲決定、術式選択などに役立てるものです。乳癌手術時の腋窩部リンパ節転移の有無の確認、消化器癌の際の切離断端の確認、腹腔内への悪性細胞の浮遊の有無判定などを行っています。


4) 病理解剖

不幸な転帰を取られた患者さまをご遺族の同意のもとに解剖させていただき、死因、病気の進展、治療の効果・妥当性などを観察、確認しています。時には医療者の予期せぬ病変が見つかる場合もあります。剖検された症例は全例CPC(臨床病理カンファランス)を行い、全病院的に提示、検討し、当院の医療レベル向上、研修医の教育などに役立てています。


明石医療センター病理診断科、心筋梗塞解剖症例
心筋梗塞解剖症例




■科内リンク


■サイトコンテンツメニュー


■バナーエリア

明石医療センター、臨床研修医募集
明石医療センター、後期研修医募集
明石医療センター高機能フロア
明石医療センター、附属看護専門学校


■当サイトのご利用にあたって


■コピーライト