■サイトナビゲーション



イラスト



2017年7月に経カテーテル大動脈弁留置術(TAVI)施設に認定され、8月7日に第1例を施行しました。それに伴い、心臓血管不整脈センター循環器内科ではさらなる業務拡大に向け、医師募集中です。


神戸大学循環器内科学教室の御指導のもと、現在13名の医師スタッフを有し、虚血性心疾患、心不全、弁膜症、末梢動脈疾患、不整脈疾患などの疾患の診療を行っています。

日本循環器学会、日本心血管インターベンション治療学会、日本不整脈心電学会などの認定医、専門医の資格を取得できます。

ハイブリッド手術室



特に、カテーテル手術件数(PCI)では近畿でもトップクラスの症例数で、若手医師は上級医の指導の下、短期間でカテーテルの技術を習得し、早期にPCI術者に移行できます。また、末梢血管治療は腸骨動脈、浅大腿動脈、膝下動脈まで広い範囲をカバーしております。


不整脈についてもペースメーカー(ICD、CRTを含む)、カテーテルアブレーション治療を積極的に行っており、近畿でトップレベルです。

さらに、ストラクチャーに関しても、経皮的中隔心筋焼灼術(PTSMA)やバルーン大動脈弁形成術(BAV)に加えてTAVI施設にも認定され、ますます活躍の場が広がっています。また、希望があれば、循環器内科に所属しながら当院心臓血管外科での短期修練も可能です。

術中の様子



このように循環器内科の専門分野がどのようなものであっても対応できるシステムになっています。また、ある程度経験を積んでご活躍の先生であっても、豊富な症例を受け持つことによって、さらなる飛躍を実現していただけるものと思います。

特にストラクチャーに興味がある先生を熱望しています。

当院で十分に循環器診断学、治療手技、考え方等を学んだ後は神戸大学大学院や関連病院等へのステップアップが可能です。


■募集人数:若干名。途中採用可です。
■選考基準:後期研修医、あるいは、
                    カテーテル治療やストラクチャーに興味のある循環器内科医。

■身分・待遇:詳細は相談。
■問い合わせ先:循環器内科 医長 K田 優   kurodam@amc1.jp
                    循環器内科 主任部長 河田 正仁   kawata@amc1.jp
                    見学も随時受け付けています。まずはお気軽にお問い合わせください。






■ページ内リンク


■サイトコンテンツメニュー


■バナーエリア

臨床研修医募集
後期研修医募集
明石医療センター高機能フロア
附属看護専門学校


■当サイトのご利用にあたって


■コピーライト