■サイトナビゲーション

  • 外来診療の方へ/診療のご案内/初診時保険外併用療養費とは?

外来診療の方へ
診療を受ける方へ 診察のご案内 保険証の提示について 夜間・休日の対応について 診察担当表

初診時保険外併用療養費(選定療養)とは?


イラスト

平成8年4月1日の健康保険法の改正で、地域の医院・診療所と病床数 200床以上の病院との役割分担と連携を進めるため、200床以上の病院での初診に対して、他の医療機関の医師の紹介状がない場合には、 初診の特定療養費として新たな患者さまの自己負担を定めました。


これは、「地域の医院・診療所」と「200床以上の病院」との機能分担を進め、「初期の診療は医院・診療所で、高度・専門医療は病院で行う」ことを目的として定められたもので、紹介状をお持ちでなく「200床以上の病院」を訪れる患者さまは、特別な医療を求めていると考えられ、「選定療養」(保険外併用療養費)の対象となります。

当院(382床)ではこの改正により、初診の保険外併用療養費として2,700円(消費税 込み)を、お支払いいただいています。

保険外併用療養費とは?

健療保険の自己負担分とは別に、室料差額のように自費として、お支払いいただくことが健康保険法で認められている項目のことです。

200床以上の基幹病院で、医師の紹介状を持たずに初診で受診される場合にも、お支払いいただくことが認められています。



他医療機関の医師の紹介状がないと初診の診察をしてもらえない?

紹介状がなくても診察は受けられますが、その場合は初診の保険外併用療養費として、初診料と別に2,700円(消費税込み)を、お支払いいただくことになります。

当院を受診されるときには、できるだけ地域のかかりつけのお医者さまに紹介状を出してもらってご来院ください。



初診の人は、必ず保険外併用療養費を請求される?

紹介状を持参された方や、緊急のためやむを得ず救急車で搬送され他院からの紹介によらず受診された方、特定の公費医療を受けている方などは対象とはなりません。


  1. 国の公費負担医療制度の受給対象者
  2. 地方単独の公費医療制度の受給対象者
  3. 救急で来院された患者さま


健康保険法では、以下のような場合を初診と定めています。

  1. 当院を初めて受診される方
  2. 以前に当院を受診したことがあっても、すでにその病気が治癒している場合

※最終来院日より3カ月以上、ご来院のなかった場合、前回受診病名によっては、初診の扱いになる場合があります。



■カテゴリー内リンク


■サイトコンテンツメニュー


■バナーエリア

臨床研修医募集
後期研修医募集
明石医療センター高機能フロア
附属看護専門学校


■当サイトのご利用にあたって


■コピーライト