■サイトナビゲーション


■病院について






倫理方針

明石医療センターの倫理方針について


明石医療センターで働く職員は、基本的人権、患者さまの権利、医療の倫理に基づき、臨床現場における倫理(倫理方針)の原則を以下に制定し、患者様にとって最良と思われる医療を提供します。


  1. 「患者さまに最も適切な医療行為を実践します」

    患者さまの状況から診断目的を設定し、最も適切と思われる治療法を提示します。有害事象を避け、いかにして医療ケアによる利益を患者さまにもたらすことが出来るかを常に考え、実行します。

  2. 「患者さまの意思を尊重します」

    患者さまが希望する治療とは何かを把握する努力をします。治療についてその利益と不利益について十分に説明します。患者さまが判断できない状況の場合、家族などにより代理決定を行っていただきます。患者さまに治療前の意思を確認し、それを尊重します。医療を選択する患者さまの権利が尊重されているかを常に考えて医療活動を行います。

  3. 「生活の質(QOL)を考慮した医療を提供します」

    治療の有無に関わらず、患者さまが元の生活にもどる可能性があるのかを検討し、判断します。治療せずにすませる計画があれば、それについて合理的に説明できるかを検討します。患者さまにとって安楽な治療や緩和ケアを計画し、提示します。

  4. 「患者さまを取り巻く状況を努めて把握します」

    患者さまの意思決定に際して、影響を与える家族の問題や、職員側の問題がないかをとらえ、医療活動に活かします。また、患者さまの経済的状況や宗教に関しても考慮します。職員は患者さまに対する医療行為に関して守秘義務があるが、これを破棄せざるを得ない場合、正当性の是非を検証します。患者さまに関る臨床研究については、文章で同意を得た上で実施します。






■カテゴリー内リンク


■サイトコンテンツメニュー


■バナーエリア

臨床研修医募集
後期研修医募集
明石医療センター高機能フロア
附属看護専門学校


■当サイトのご利用にあたって


■コピーライト